2019-03-16

連絡先(LINE)を交換するタイミング

 

こんばんは!小さなおじさんです。

 

飲み屋の女性を効率よく口説き落とすのに、連絡先(LINE)は必須だ。

あなたが店に足を運ぶ際に、お目当ての女性が出勤していなければ話にならないからだ。

だからその女性が出勤するのかの確認が必要になるわけだ。

ちなみに、女性への連絡はさらっと用件だけで十分だ。

 

「今日は店入るの?」

「今日は時間あるから、ちょっと店に寄るよ。」程度のやり取りだ。

 

女性と連絡先を交換したからと言って、間違っても長文のLINEなど送らぬように。

あと、「おはよう。」「おやすみ。」などの無意味なLINEも必要ない。

 

さて、ではどのタイミングで連絡先(LINE)を交換すればよいのか?

まだお目当ての女性が決まっておらず、特に指名もしない場合は、あなたはフリーの客ということになる。

フリーの場合、店にもよるが、1セット(45分~60分程度)で2人から3人の女性が入れ替わりであなたの相手をすることになる。

その中でタイプの女性がいれば、連絡先を交換して、次回から指名という流れになるだろう。

では連絡先を聞くタイミングはと言うと、タイプの女性が次の女性に入れ替わるときが自然だろう。

 

「じゃあ、また来るから連絡先教えといて。」これで問題ない。

これで女性が連絡先を交換してくれないなんてことは、まずない。

女性側からしてみれば、次回から指名をもらえるかもしれないわけで、あなたと連絡先を交換するメリットはある。

だから連絡先の交換はまずスムーズに行える。

小さなおじさんだって、問題なく連絡先の交換を行っている。

大丈夫だ!

 

万が一、万が一ではあるが、女性が連絡先の交換をはぐらかしてきた場合は、その女性が相当な秘密主義者の変わり者であるか、相当にあなたの態度が悪かったかのどちらかである。

前者の場合は、口説き落とすのにも時間が掛かりそうなので、あえてパスするのが賢明かもしれない。

後者の場合はこれから何人の女性にアプローチを掛けようが、おそらく口説き落とせることはないので、あなた自身の態度を見直してほしい。

店内では紳士であれ、ということだ。

関連記事